スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MW -ムウ- 第0章 ~悪魔のゲーム~ <完全版> [DVD]


【評価】 平均評価: 4.0/ 総数: 3件
[4点] 期待
映画の番宣用のためかつっこみ所もありますが、キャストの演技はよかったと思います。
若手の佐藤健、谷村美月の今後の活躍に期待です。 (2009-09-07)
[3点] アクション活劇
金網越しに携帯電話があるんだけど拳銃があるんなら金網ぐらい破れるだろう。プロならもっと上手に嘘をついて欲しい。日本では映画もドラマもアクション活劇が撮りずらい状況にありノウハウの蓄積が無い為素人でも分かる基本的なミスを平気で犯してしまう。
少なくともアニメでこんな事をしたら間違いなくバカにされる。80年代のトレンディドラマ以降テレビの世界に取るに足らない恋愛ドラマが横行する様になってからまともにアクションを描けるディレクターは壊滅状態になってしまった。今作の様な作品を作り続けノウハウを蓄積する事でしか真のアクション活劇の到来は有り得ないと痛感する一作でもあります。 (2009-09-05)
[5点] 渾身のオリジナルストーリー
あらゆる意味でテレビドラマの枠を超えています。
予算はそれほどかかっていないようですが、精鋭のキャストで目が離せません。

佐藤健、玉木宏、谷村美月、小出恵介ファンの方は特に必見です。
今後の佐藤健の成長も楽しみです。 (2009-08-30)
【関連商品も見たい!】
 ・ MW‐ムウ‐ [DVD]
 ・ ROOKIES -卒業- LAST DVD ALBUM (初回生産限定商品)
 ・ MW(ムウ) オリジナル・サウンド・トラック
 ・ MW VISUAL BOOK (ぴあMOOK)
 ・ 鴨川ホルモー [DVD]

Tag : 佐藤健 谷村美月 小出恵介 玉木宏

必殺仕事人2009 DVD-BOX 上巻 [DVD]


【評価】 平均評価: 4.0/ 総数: 17件
[4点] 脚本やノリは、昭和版とそんなに違いはないのですが・・・・

時代がハイビジョンに世代交代したからでしょうか、
はっきり見えすぎて、逆に陰影礼賛を
台無しにしている部分が多かったのが残念です。

仕事人は暗闇のなかで目が見えるくらいの
忍んだ美しさがあっただけに、そこが惜しいかな。

ちなみに、NHK時代劇や舞台「せみしぐれ」で
経験をつんだだけあって、福士誠治の上手さが
ひたすら際立ってました。
将来の時代劇を背負う逸材に育つでしょう。 (2009-06-29)
[5点] まさに平成の必殺
新春シリーズから連ドラになり、いろいろと賛否両論な意見があるようですが、必殺は昔から見ていたので、連ドラが決まった時から楽しみにしておりました。現代の問題になっていることがストーリーになっていて、昔の必殺の音楽も使われていたりと違和感を感じた方もおられるかと思いますが、渡辺小五郎役の東山紀之さんと経治屋の涼次役のTOKIOの松岡昌宏さんとからくり屋の源太役の関ジャニ∞の大倉忠義さんの三人のジャニーズ勢の想像以上の魅力と、そして言わずと知れた中村主水役の藤田まこと氏の迫力あるベテランな殺しっぷりと、現代的と初期的なものが交ぜ合わさった感じの必殺の魅力にさらに惹かれて最終回まで毎週観ておりました。この必殺ですっかり魅了されて、大倉忠義さんのファンになった【からくり屋の源太】の死と10話の【鬼の末路】のお話には、衝撃的過ぎて今も脳裏に焼き付いてます。 13話からのKAT-TUNの田中聖さんの初めからいるような仕事人にすっかり溶け込んだ悪戯っ子的な役も魅力的でしたが、先日の最終回にて中村主水さんの奥様のりつさんの出演と回想シーンで源太の映像には非常に感激しました。もちろん特典映像含めた11話〜最終回までの下巻も予約したので、楽しみにしております。 (2009-06-28)
[4点] 今の日本を考えさせられる作品
 「昔の『仕事人』の方がよかった」という声がドラマ放映中多かった。
 私は昔の作品を知らないのでどうこうは言えないのだが、今回のシリーズのみで言うと「今の日本を考えさせられる」良い作品になっていたのではないかと思う。

 始まって15分くらいで物語の筋がわかってしまうので、最初こそよかったが途中からだれ気味にもなった。
 キャストの演技もイマイチで(特に田中聖)「見るに堪えない」と思った人多いとは思う。
 しかし、実社会で起きている問題を反映したつくりは素晴らしく、毎回「この話は現実で起きているあれがテーマだな。あれについてはもっと考えないかん」と思わされた。
 
 ドラマは『娯楽』なのだが、時には『先憂後楽』の精神でドラマを見ることも時には必要なことだと私は思う。
 いつもそのように思わなくてもいいが、ふと思い出してそのような見方ができる人が増えればこの国はもっと良くなるのではないだろうか。 (2009-06-27)
[4点] 最初はジャニーズ陣営に抵抗があったのですが
いざ最初の特番を観ると東山、松岡両名ともジャニーズかどうか関係なく必殺シリーズらしい作り込みと現代の映像技術にちょっと感動しました。

以前はひたすら冷たい役に徹していた中村主水(藤田まこと)が少し角が取れて丸くなり助平な老人になってしまい、代わりの主役になった渡辺(東山紀之)が徹底的に冷たい。
松岡のシニカルな役も面白いし和久井映見の着物姿がはまり役だし仕事人グループを上手く纏める役になっていると思う。
話の構成も旧作よりシリアスになっていて好感を抱きました。
但し、仕掛け人形に竹細工の手段というのは殺しという非情な世界を軽くしてしまい残念でしたがファンには失礼ながらシリーズ途中で死んでしまい入れ替わりにジャニーズらしからぬ悪党面の田中聖採用は正解だったのではないでしょうか。

よくよく考えたら昔の仕事人もその当時のアイドルや新進の若手(沖雅也、三田村邦彦、京本正樹、ひかる一平、村上弘明など)を使っていた訳だからジャニーズが3人構成になったといっても東山紀之は40代半ば、松岡にしても30代半ばと考えれば気にするレベルではないのかも知れません。

60代後半の旧作からずっと中村主水ファンの母が今では完全に渡辺ファンに変わりました。

それでもやはり作品の締めが中村主水の短い殺しの台詞というのがシリーズの統一感を醸し出していて納得です。

「追伸」
昨夜、最終回をTVで観ました。
個人的には中村主水の奥方が久方ぶりに出演なされていたのに感涙。
なんだか鬼嫁が一人から三人に増えて藤田、東山の二人があたふたしている姿が「これも必殺仕事人に必須の描写だよなァ」と再度感動。

時代が変わって性的描写、宗教描写、暴力描写など様々な規制が増えてきている筈なのですが拷問に対しての描写は過去のどの必殺シリーズよりもリアリティがあり残酷でした。
ただ鋸石を膝に載せるシーンを見せないとか割れ竹刀で見える方向から殴らないだけで「爪切りならぬ指切り」の道具や「足の指と爪の間にササクレだった竹串を刺す」や「耳たぶを鋏ではなく口でゆっくり引き裂く」「内蔵に焼けた鉄杭を刺す」など江戸時代に実際に行われていた拷問を直接見せないだけではっきり再現して見せていました。
拷問シーンにこれだけリアリティに拘った時代劇初めて見ました。
これも必殺特有の「仕事人始末」を定番で終わらせない脚本家の努力なのだろうと評価したいです。 (2009-06-24)
[5点] 今一番面白いドラマだと!
ジャニーズにこだわらず見てみると良いと思います。

私は完全に「食わず嫌い」でした、
私は14話頃からテレビで見はじめたのですが、脚本の面白さ、出演者の良さに驚きました。

始めから見たいと今回購入する事に決めました。

ヒガシのハマリ役、主水さんが脇をグッと締めてくれているのが又良いのだ。 (2009-06-22)
【関連商品も見たい!】
 ・ 必殺仕事人2009 新春スペシャル [DVD]
 ・ 必殺仕事人2009 DVD-BOX 下巻
 ・ 必殺仕事人IV 下巻 [DVD]
 ・ 必殺渡し人 DVD BOX
 ・ 必殺仕事人2009公式ガイドブック

Tag : 東山紀之 松岡昌宏 大倉忠義 水川あさみ 谷村美月

必殺仕事人2009 DVD-BOX 下巻


【評価】 平均評価: 5.0/ 総数: 3件
[5点] 光と影の映像美、そして眼が離せないラスト10分間!!
最終話、DVD-BOX上巻、新春スペシャル視聴後レヴューします。
往年の必殺撮影スタッフと病気から復帰した藤田まこと氏(中村主水)を加え、新メンバー
による必殺仕事人2009はスタートしました。旧作と比べても新シリーズはストーリー、
爽快感、映像美、殺しや殺陣のシーンなどで見劣りを感じることはありませんでした。
映像技術の進歩が、時代描写の新たなリアリティを上手く表現出来ていると思います。
DVDの画質ですが、映像圧縮技術の進歩というべきでしょうか、雨の場面や早い動きの時
でもブロックノイズは少ない。(フルHDのTV)
演技については素人ですので良く分かりませんが素晴しいと感じることしばしでした。
一話完結(最終話を除く)の終盤の仕事人の各シーン1〜2分間を撮影するためにはナント
6〜7時間かかるそうです!
各仕事人について…
渡辺小五郎(東山紀之)
昔、剣道をやられていたそうで剣による立振る舞い、剣技は完璧。重厚な真剣のリアリティ
を感じさせます。ラストに渡辺小五郎が納刀してから鏡花水月の曲が掛かるところで毎回
体に電気が流れます。
経師屋の涼次(松岡昌宏)
グルメな所と独特の動きがいい。下巻の回から特に尻上がりに素晴しくなったと感じます。
最終回は新必殺仕置人に登場する美代松を連想させ、もう終わりなのかとハラり涙。。。
また仕事人出来そうで本当に良かった!
からくり屋の源太(大倉忠義)
真面目で寡黙な青年で、殉職するあたりからいい感じになりましたが、交代によりストーリー
にメリハリが出たと思います。まえだまえだ兄との絡みと殺しのシーンは好きでした。
仕立て屋の匳(田中聖)
鳴り物入りで登場した新メンバーは義侠心が強い仕立て屋の匳。仕事のシーンの音楽が良い!
豪快な動きが多いので念仏の鉄を思い出しました。
花御殿のお菊(和久井映見)
チャキチャキの江戸言葉は時代劇の花。中村主水との絡みは笑えます。
こう・ふく(野際陽子・中越典子)
この二人と小五郎との最後の絡みは、シリアスなシーンを見終わった後の最高の毒抜きに
。毎回コント感覚で楽しんでいます。
中村主水(藤田まこと)
大変な病気を克服し、男味のある、とてもカッコイイ演技を魅せてくれました!
今回、長刀を封じ脇差による仕事になりますが、その技はシャープでセリフも痺れます。
中村主水に代わるものは多分無いのかなと、そのぐらい存在感は大きい。
悪役たち
やられる時の眼や表情がとても笑えるというか爽快感に花を添えます。人相が悪役向き?
な芸能人(小林稔待、大杉漣、火野正平等)の起用も嬉しい。哀川翔は良かった。
ぜひともまたスペシャル&ドラマ化して頂きたいと切に望みます。








 
(2009-06-28)
[5点] 晴らせぬ恨み、晴らします!
源太の死?(意味深な最期ではありましたが…)から始まる下巻ですが、源太の想いも届かず最後まで極悪女を演じきった浅野さんは圧巻あの演出で源太はほんまもんの仕事人になれたような気がします。その後釜に坊主頭の仕事人仕立て屋の匳…地味な殺し技と思いきや派手な立ち回りでカバーその後、涼次との息の合った連携プレーもお見事!そして怒涛の展開を見せた最終章二部作…標的を仕損じ囚われの涼次への過酷な拷問…小五郎の大殺陣など最終回に相応しいハードな展開…老体にムチ打って頑張る主水さん、「さぁ仕事だよ」と仕事人達を送り出すお菊ねぇさん素敵です。脇を固めるこうふくコンビも欠かせない。仕事人は帰ってくる「必殺仕事人2010」でお会いしましょう。その前に年末スペで… (2009-06-28)
[5点] やっぱりテレビシリーズは最高!
本放送の最終回を見終わった後で、このレビューを書きました。本DVDには、からくり屋の源太が死ぬ11話から、最終回の22話までが収録されています。久々のレギュラーメンバーの死に、本作のただならぬハードな雰囲気を感じた人も多いのではないでしょうか?かくいう、自分もその一人です。新メンバー、仕立て屋の臉(←こんな字かな?)の登場後も、役者陣の熱演も手伝って、なかなか面白い話が揃っています。ゲストの方も豪華です。

そして、最終回の前後編は仕事人の危機と闘いを壮大なスケールで描いた傑作だったと自分では思います。最後の殺しでの、渡辺小五郎は最高にかっこよいですよ。(某お笑い芸人の決めゼリフをそのまま言ってます(笑))あと、最終回ということで意外なサプライズも用意されています。この最終回前後編を見終わった後、この「必殺仕事人2009」のDVD-BOXの上下巻を買う決心をしました。興味のある方はぜひ上下巻あわせて楽しみましょう。
いや〜やっぱりテレビシリーズで毎週楽しみに見れるのはよいですね。ぜひ、また続編を作ってほしいものです。ちなみにメンバーがジャニーズだったことなんて最終回を見終わった後は、忘れてました(笑)それほどいい作品だったと思いますよ。 (2009-06-26)
【関連商品も見たい!】
 ・ 必殺仕事人2009 DVD-BOX 上巻 [DVD]
 ・ 必殺仕事人2009 新春スペシャル [DVD]
 ・ 必殺渡し人 DVD BOX
 ・ 必殺仕事人IV 下巻 [DVD]
 ・ 必殺仕事人2009公式ガイドブック

Tag : 東山紀之 松岡昌宏 田中聖 大倉忠義 谷村美月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。