スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 season 7 DVD-BOX 2(6枚組)


【評価】 平均評価: 3.5/ 総数: 3件
[4点] season8で新相棒の真価が問われる
新相棒の神戸登場まで、一人舞台をしなくてはならなくなった右京。
それでも推理に何の影響もないのは不思議というべきか。

いろいろな意味で実験的な作品が多いので
好き嫌いが別れるのは仕方ないかな。

でも最終回の神戸に対する右京の一言。
「君は亀山君の代わりにはなれません」……深すぎる。

神戸は亀山とは全く違う人間であり、立場です。
亀山は失態を犯し、「人材の墓場」特命係に左遷された人間ですが
神戸は上層部が送り出したスパイです。
また、人当たりが良く、周りの人間との潤滑油役をになっていた亀山に比べ
神戸ははすかいに物をみるような、なかなか一筋縄ではいかない人物です。

season8を味わうためには、最終回の視聴は必須ともいえます。
及川さんの演技はいろいろ言われますが、今のところ神戸の役ははまっているように思います。 (2009-08-04)
[4点] 相棒の存在はでかかったぁ。試行錯誤のプレ第2章?
 相棒不在となったSeason後半、最終回で新相棒・神戸が登場するまで、看板というかタイトルに偽りありの状態が続いてしまった。新相棒による“第2章”をスムーズにスタートさせるために、亀山のイメージを薄めて、比較させないようにするための冷却期間?なんて思わせる展開だった気がします。で、その相棒不在は思っていた以上に大きかったですね。

 亀山という、ある種視聴者目線でモノを語れる相方がいないと、“スーパー右京さん”だけでは感情移入しにくい“違和感”が生じることが露呈してしまった感は否めず(脚本家も大変だったと思います)、その分★−1ですかね。ただ、相棒という作品にさほど思い入れがない方々にとってはそんな違和感は感じないんでしょうね。そこは少し羨ましいかな。

 ただ、その“相方不在”を逆手にとったかのような実験的な作品も目立ち、普段は脇役の方々もしっかりとフィーチャーされ、違った意味で楽しめましたね。久々の益岡さんとの競演(11)や、犯罪人引渡条約なんてところに目をつけた(12)なんて驚くほどの傑作!だし、濱田マリの怪演も凄い(13)や、久々の陣川クン登場の(18)なんて“ネタ回”も面白かった。ラテ欄に水谷豊・岸恵子・国広富之の3人しか載らなかった衝撃の(15)なんて、もはや相棒ですらないんだが(笑)こんな時でもないとできない作品だしね。惜しむらくは、最初と最後のスペシャル編が今ひとつだったですかねぇ。とはいえ、僕は新相棒・神戸については次のSeason楽しみにしています。

 それにしても、「裏相棒」はこっちにつけてきたか・・・。「7.5」こそ、こっちだろうに。
(2009-07-22)
[3点] 薫ちゃん、カムバーック!
あ〜駄目だ。
「ウルトラマンA」は南夕子が抜けても何とかやれたけど「相棒」はそうじゃないんだ。
いくら右京さんが切れ物ぶりを発揮して事件を解決しても、薫ちゃんがいないと駄目なんだ。
直情的で行動力に溢れる亀山薫の存在が視聴者をテンポ良く作品に引き込み、
杉下右京の観察力や判断力を際立たせる・・・、そこに「相棒」の絶妙さがあったのだから。
亀山のいない「相棒」は気の抜けたコーラ、牛肉抜きの牛丼のようだ…(泣。

後任に及川氏の演じる神戸が登場しましたが、果たして亀山の域に達するかどうか・・・。 (2009-07-22)
【関連商品も見たい!】
 ・ 相棒 season 7 DVD-BOX 1(5枚組)
 ・ 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]
 ・ 相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック
 ・ 刑事マガジン Vol.8
 ・ YUTAKA MIZUTANI LIVE TIME CAPSULE ~ YUTAKA MIZUTANI CONCERT TIMECAPSULE TOUR 2009 ~ [DVD]

スポンサーサイト

Tag : 水谷豊 及川光博 益戸育江 岸部一徳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。